一般社団法人をかしや

メニュー

ひさびさのKP法講座!しかも無料です。

みなさんこんにちは。一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

今年も残すところ一ヶ月を切りましたが、みなさんいかがお過ごしですか?

今年の冬は妙に暖かいですが、油断して風邪など引かぬよう気をつけたいものです。

 

さて、私は中小企業家同友会という、中小企業の経営者の勉強会に参加しています。

同友会では毎月「例会」という勉強会があり、いろんなことを学んでいます。

 

そして12月の例会は私の担当。

 

スペシャルな「ワークショップ例会」を実施しますのでみなさんにご案内です。

同友会の例会は、誰が参加してもOK!なのでぜひぜひいろんな人に来てほしい!

 

12月の例会テーマはズバリ!

「KP法を学ぼう」

 

今治支部12月例会案内チラシ(KP法講座)

 

<KP法とは!?>

KP法(紙芝居プレゼンテーション法)とは、 A4 の紙に伝えたいキーワードを書き、その紙をペ タペタと貼りながらプレゼンする手法です。

 

KP法はめちゃめちゃ使えます!。思考を整理し、わかりやすく伝えることができます。

紙とペンさえあればできちゃいます。どこでも、誰でも使うことができる、シンプルな技法なのです。

そして用途は広く、報告、説明、講座のオリエンテーションなどあらゆる用途に使えます。

 

私は研修の仕事でいつも使っていますし、婚活のセミナーでもやっていますよー。

 

dav

 

dav

 

dav

 

先日メンバーが集まって練習した時は、趣味のキャンプや好きなアーティストについてのKPもありましたよ!

 

dav

I Love アウトドア!

 

大好きなBump of chicken についてKP法でプレゼン!

BUMP of  CHICKEN 大好き!

 

 

そしてシンプルであるがゆえに奥が深く、技量次第で本当に面白いプレゼンテーションになります。

KP法の元祖であり私たちの師匠でもある、川島 直さんのKP法の技術は実に素晴らしい。

身振り手振りやユーモアも交え、わずか3分でKP法について理解できるようになっています。

 

ぜひ動画をご覧ください。

 

 

ということで、このKP法を学ぶ会をやります。

ぜひ多くの方にお越しいただきたいと思っています。

 

ちなみに私たちをかしやは過去に2回、愛媛でKP法講座を実施しています。

この時は川島直さんをお招きして実施し、たくさんの方にご参加いただきました。

http://gigax.jp/blog/wokasiya/29392/

 

 

今回ひさびさの、愛媛でのKP法講座です。

しかも、今回は中小企業家同友会の例会として実施するため、なんと無料! です。

 

ただ今回川島 直さんはいらっしゃらず、今回のファシリテーターは私と妻のたまです。

でも十分面白いし、学びがあると思いますよ!

 

どなたでも参加できますので、ぜひお越しくださーい。

女性も大歓迎!!前回の講座では女性もとても多かったですよ!

 

以下、ご案内です。

 

******************************

 

~KP法(紙芝居プレゼンテーション)をまなぼう!in今治~

 

やりますよー!

聞いて『即実践、即学べ、即使える』

KP法はキーワードを書いたA4用紙を、
ホワイトボードに貼り付けていくプレゼンテーション方法。
プレゼンテーション、ワークショップのスケジュールや手順説明はもちろん、
ビジネスなどあらゆることに応用が可能です。

 

過去に開催された講座はあっという間に満席になりました。
今回はなんと無料での実施!

 

ただし50名限定なので、申し込みはお早めにどうぞ!

 

愛媛県中小企業家同友会今治支部12月例会

~KP法(紙芝居プレゼンテーション)を学ぼう!in今治~

 

期日:12月19日(水) 18:30~21:00

場所:今治市地場産業振興センター
〒794-0042 愛媛県今治市旭町二丁目3-5

 

内容:

・をかしや菊間マロ、たまによるKP法実践 ~まずはKP法を見てみよう~

・KP法をやってみよう~グループに分かれて実践!~

・キーワードの抽出 と紙芝居作り~言いたいことをギュッと凝縮~

・ひとりひとり発表 タイム~ドキドキ発表、相互フィードバック~

 

対象:ジャンルを問わず「相手に伝わる術」を身につけたい方、
話をコンパクトにまとめたい方、プレゼンテーション 力を高めたい方
ピンときた方、などなど!

 

定員:50名

 

参加費:無料!

 

申込先、問い合わせ:愛媛県中小企業家同友会事務局 事務局長  大北・難波まで

〒790-0003 愛媛県松山市三番町1丁目11-10 ISSEIビル 301号室

TEL:089-948-9920 FAX:089-948-9931 MAIL:info@ehime.doyu.jp

 

 

2018年12月07日

2019年は月とともに ノマドMOON CALENDAR のご案内

こんにちは。菊間たまです。
立冬を過ぎ、冬の気配がしてきました。
木々の葉は色づいて、青空に紅葉が映えますね。

 

立冬 11/7~11/21頃

11月の 七十二候は、
山茶始開(つばきはじめてひらく)11/7~11/11頃 さざんかが咲き始めるころ
地始凍(ちはじめてこおる)11/12~11/16頃 大地が凍り始めるころ
金盞香(きんせんかさく)11/17~11/21頃 水仙が咲き始めるころ

 

たしかに、さざんかが咲いてピンクの花びらが可愛い。
もうすぐ霜が降りそうです。
水仙の葉が伸びてきて、花の香りが待ち遠しい。

 

今年ももうすぐ終わりとは・・・。早い早い。めまぐるしく、早い~。

さて、来年2019年のカレンダーは、もう用意されましたか。
昨年より、をかしやも愛用している、おすすめのカレンダーをご紹介します。

 


 

ノマド MOON CALENDAR

45200381_1926707634301070_2137456793444417536_n

1年間の月の満ち欠けと
出と入りの時刻をあらわしたカレンダー
晴れでも雨でも 夜でも昼でも
どこにいても月はただひとつ
空にはいつも月がある
私たちは月のリズムに動かされ
月の存在に思いを寄せる
MOON CALENDARとともに 月と暮らす
カレンダーと同じ月を
その空に見つけてください

 


 

40571179_1901674850137682_8797856514304901120_n

この美しいカレンダーを販売しているのは、AOKIWORKS。
国生みの島・淡路島に住む、
をかしやの大切な友人 青木京ちゃん、マーキー 夫妻です。
学び・遊び・ファシリテーションなどをテーマにさまざまな活動を展開しています。

 

京ちゃんは、私たまがインタープリターになるため実習生として学んだ、
山梨県清里のキープ協会環境教育事業部のセンパイです。
「暮らす」を大切に、愛にあふれた丁寧で美しい暮らしをしてる。
そして凛とした意志の強さを持って、人とつながり、流れを、動きを起こす人!
自然体で、あったかくて、かわいくて、かつ眩しいカッコよさがある。

 

そしてご主人のマーキー(青木将幸さん)は、名ファシリテーター!
2003年日本初の会議ファシリテーション専門事業所を設立以来、
全国各地を飛び回りながら、毎年100回ほどのペースで
会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめられてます。
どんな場でも人の力を引き出してくれる、
会うと安心する、不思議な力のある人。最近は、山伏ファシリテーターだし。
10251887_10204555236783466_8769651675554137821_n

そんな二人が送る MOON CALENDAR。
驚くべきは、その経緯。

 

京ちゃんはもう20年間、このカレンダーを愛用していたのですが、
昨年、メーカーさんが、2018年版からはもう作らない とのこと。
大ショック!の京ちゃんは、思案の末、
なんと、自分がその制作を引き継ぐことにしたのです!
淡路島の友人ツギキさんと共に、カレンダーのコンセプト・デザインを変えることなく、制作販売し始めたのでした。
そして2年目の2019年版。

 

大好きなものを、愛用する人から、プロデュースする人へ。
なかなかできるこっちゃない、すごいチャレンジです。
やはり、京ちゃん、まぶしい^^!

42990366_1913381118967055_4549008345201115136_n

をかしやは、京ちゃんを応援したいし、
このカレンダーは、本当に、シンプルで、美しい。
主役級インテリアになり、
今日は、どんな月かな、と家族みんなが気にできる。

 

22729046_1746314735673695_3018427063656778208_n

MOON CALENDAR は、ホームページ、オンラインショップ、メールやFacebookから注文できます。

Neki 額縁と珈琲 さんで、MOON CALENDARにぴったりの素敵な額も買うことができますよ。

 

45509171_1929536400684860_1568077939700924416_n

 

どこにいても、空という自然は、私たちの上に広がっています。
地球に住む私たちは、お月様にたくさんの影響を受けています。

 

月の引力で、潮の干満が起こっています。
女性の月経は月の周期と同じ。
満月・新月の日には出産する人が多く、
満潮の時刻に合わせて赤ちゃんが生まれてくることが多かったり。
生き物も、サンゴやエビ、カニなど、満月・新月に卵を産むものも多いですね。
月の満ち欠けとともに、私たちの心と体も変化しています。

 

忙しい毎日では気付かなくても、私たちも自然。
自然のリズムの中に、生きているのです。
そのリズムを意識すれば、もっと心地よく、元気にハッピーに過せるはず^^。

 

そして、何より、月を眺めて暮らす。

風流ではありませんか。

太古から、私たちの祖先は、月の美しさを愛でてきたのですから。

 

 

2019年は、みなさま、ご一緒に、月を眺めて自然とともに暮らしませう^^。

2018年11月16日

をかしや10周年記念パーティーを開催しました。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

先週末の11月10日(土)、お世話になった皆様をお招きして、をかしや開業10周年記念パーティーを開催しました。

 

以前の記事でもお伝えした通り、私たち一般社団法人をかしやは、2008年9月5日に「よろず体験事務所をかしや」として開業しました。

 

その後2016年に一般社団法人として法人化、そして今年2018年9月5日で10周年を迎えることができました。

 

ところがそれからなにかと忙しくてできなかったのですが、ようやくパーティーを開催することができました。

 

 

会場となったのは、今治市郊外にある美味しいフレンチレストラン「ヌーヴェル・テロワール」さん。

 

ここは地産地消にこだわったお店です。

 

以前私たちが実施していた「百姓らいふのススメ〜有機・自然農講座〜」で講師としてお世話になった有機農業家「ちろりん農園」の西川さんをはじめ、きちんした生産者さんのお野菜がビュッフェでいただけるという、素晴らしいお店なのです。

 

有機栽培のちろりん野菜。

有機栽培のちろりん野菜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、パーティーには今までの10年間でお世話になったさまざまなステークホルダーのみなさまにお越しいただきました。

 

開業して最初に立ち上げた森のようちえん「森のてらこや」に参加してくれた子ども達は今や中高生になっています。

 

IMGP1272

ちあきかずまけんたろう

 

をかしやの看板事業「しまなみインタープリター講座」のOBOGは実行委員会として加わってくれたり、パーティーの司会進行をしてくれたりしました。

みんな、本当にありがとう。

 

司会の二人

IMAG0404_BURST002

 

そのほかにも様々な事業でお世話になった方々や中小企業家同友会のみなさん、そして2年前から住まわせてもらい、祭りでお世話になっている地元鍋地集落のみなさんなど、総勢55名のみなさんにお越しいただきました。

 

地元鍋地の皆さん

地元鍋地の皆さん

 

パーティーのオープニングでは、私マロが簡単にご挨拶をさせていただき、その後ゲストのスピーチ。

 

スピーチは、私が開業当初お世話になったインキュベーションオフィス「IBIC」のマネージャーだったUさんにお願いしました。

 

10年前の開業当初、右も左もわからず、ネットワークも全くない私をあらゆる場所と人に繋いでくださった大恩人です。

Uさんがいなければ、今の一般社団法人をかしやはなかったといっても過言ではありません。

 

マロスピーチ

 

IMGP1203

 

Uさんは普段どんな場でもスピーチを断ってらっしゃるそうなのですが、今回は特別にお言葉をいただけました。

 

本当にありがとうございました。大恩人なのに無茶振りしてすみません、、、。

 

 

そしてお待ちかね、乾杯からの食事と懇談タイム。

 

乾杯のご発声は、愛媛県中小企業家同友会でお世話になり、そしてこの9月からは環境経営事業部の立ち上げのお手伝いをさせていただいている「平野薬局」の平野会長からいただきました。

 

平野会長は、私たちが愛媛にきてから、公私ともにずっとお世話になっている大経営者さんなのです。

 

 

2017年経営フォーラム・閉会挨拶

 

 

 

 

そして乾杯の後は美味しい食事。

いろんな人と楽しく話しながらじっくりといただきます。

 

ボンゴレ

生ハム

 

IMGP1262

IMGP1283

IMGP1258

 

お腹が落ち着いたら出し物です。

今回は出し物もたくさんありましたよ〜!

 

まずはしまなみインタープリター講座のOBが作ってくれたスライドショーとメッセージ。

全国のみんなが熱いメッセージを送ってくれました。

 

いつも講師をしてくれた18年来の同志、河野ヒロキチさん、村上まるこさんのトークショーと共に。

 

IMGP1206

IMGP1217

 

前出のちろりんさんと奥様の素敵な歌もありました。

心に響く、優しい歌でした。

 

dav

 

 

「森のてらこや」初期メンバーによる「ママトークショー」もあり。

 

IMGP1225

IMGP1232

 

そしてパーティーのハイライトは、なんと太鼓と獅子舞。

鍋地のみなさんによるサプライズ演出。

 

突如太鼓の音が轟き、獅子舞が登場します!

 

未だかつて、フレンチレストランに獅子が舞ったことがあったでしょうか?

 

スタンバイOK!

スタンバイOK!

 

太鼓の間から獅子登場!!

太鼓の間から獅子登場!!

 

獅子はお店中を練り歩き、子どもという子ども、そして大人たちに噛みつきまくります。

獅子は縁起物、獅子に噛まれるとみんな幸せになれるのです。

 

IMGP1246

IMGP1238

 

獅子がみんなのところを訪れ、一通り舞ったあとはお花の奉納。

ご祝儀ですね。たくさんの方がお花をくださいました。

 

もちろん私たちをかしやもお花を奉納しましたよ。

 

IMGP1248

 

お花を奉納すると、御礼の獅子舞です。

シャンシャンと、華麗に舞い踊ります。

 

IMGP1252

 

獅子舞が踊ったあと、鍋地のこと、祭りのことを紹介していただきました。

そして私も鍋地の一員として鍋地Tシャツ来てみなさんに挨拶!

 

鍋地最高

鍋地最高2

 

・・・この日最高に盛り上がった瞬間でした。

 

この後は、お楽しみの大抽選会があり、またもやサプライズでお米30キロのプレゼントも!!

大当たりしたのはなんとをかしやマネージャー「たま」の弟夫妻。

 

めっちゃ喜んでおりました!

 

IMGP1300

 

さらにさらに、しまなみインタープリター講座五期生であり、高校野球で有名な元今治西高 元応援団長「もじゃ」くんによるフレーフレーのエール!!

 

IMGP1309

 

とまあ、なんの集いかわからないほど盛りだくさんでめっちゃ盛り上がりました。

 

最後の締めのご挨拶は、いつもお世話になっている愛媛県中小企業家同友会今治支部長 渡部伸哉さまからいただきました。

 

IMGP1313

 

と、このようにをかしや10周年パーティーは美味しく激しく楽しく、そして笑顔の絶えない会として最高に盛り上がりつつ終了いたしました。

 

参加していただいた皆様、そしてこのブログをご覧いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 

をかしやはこれからもこの先10年、20年と活動を続けていきます。

 

今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします!!

 

 

 

2018年11月15日

やりきった!!萩ジオガイド養成講座

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

今日は10月24日。そして明日25日は満月ですが、なんでも今日の月の方が丸いとか。

確かにすっごく綺麗です。

 

みなさんは最近月をみましたか?

 

月

 

さて、先週末の20(土)、21日(日)に書けて、山口県萩市にて「萩ジオガイド養成講座」を実施してきました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

8月から始まったこの講座、ただの講座ではありません。

 

なんと、最終日の21日には、講座参加者がガイドとなり、ガチでお客さんを案内するのです!

そして、前日の20日までみんなはそのことを知らないという、、、、。

 

まあなんともハードな、ガチンコな講座なのです。

だって、その方が、現場を経験した方が圧倒的に力がつきますから。

 

で、その講座の様子を、等の萩ジオパーク推進協議会さんがフェイスブックに綴ってくれました。

一体どうなったのか?

 

以下、お読みくださいませ。

 


 

萩ジオガイド養成講座
「知識を伝える」から「感動が伝わる」へ

 

 ひとりでも多くのお客様に萩ジオパークを楽しんでいただくための「ひとづくり」、萩ジオガイドを育成する講座を10/20・21の朝から晩までビッチリ二日間、今回も一般社団法人をかしやの菊間彰さんを講師に呼んで
研修しました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、木、屋外、自然

 

最初に、事務局側から重大発表
「明日21日に20人のお客様を用意しています。皆さんにそのお客様を楽しませるツアーをしてもらいます。」

一同驚愕…。

 

中にはガイド未経験者もいる中、たった1日でプログラム作りです。
どんな構成にしよう。どんなアクティビティをする?皆で考えます。
そして、とにかくやってみよう!ということで練習です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、木、屋外、自然

 

お客様との距離感は?ガイドの気を付ける視点はどこ?何を伝えたいの?
菊間講師の次から次へと出てくる技術を習得することに手一杯…。

 

でも、しっかりと着実に皆さん習得していき、何とか明日ツアーが出来そうな気配が、しかし、みんなはできるか不安…。

 

翌日、快晴のもと、ツアー参加者が続々と来訪。中には小学1年生や、台湾からの留学生、女子大生や観光関連業者まで、幅広いお客様が集まりました。

 

ガイドメンバーは班に分かれ、椿の枝分かれ一番多いのどれがを探すゲームや音探しゲーム、似顔絵づくりゲームなどたくさんのアクテビティを体験してもらいました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然

 

どの班も、丁寧に優しく、お客さんひとりひとりの反応を見ながら素晴らしいアクティビティを展開していきました。
ツアー参加者からは、笑い声や真剣な眼差しでゲームに挑戦する顔が見られ、とても楽しんでおられました。

 

最後は、笠山の石切り場へ、好天の中、海を臨む最高のロケーション。腰を下ろし大地との繋がりを体感して終了しました。

 

dav

 

お客様の反応は上々で、また来たいという声もいただきました。

 

実質たった1日の準備期間で、こんなに良い評価がいただけるとは!
自他ともに認める最高のツアーができました。

 

菊間さんからも「こんなスケジュールでツアー実践は初めて。でも、本当に素晴らしい出来だった。」とお褒めの言葉。

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、立ってる(複数の人)、木、屋外、自然

 

さあ、萩ジオパークが認定するジオガイドの誕生です!
これから、どんどん萩のジオパークが楽しめるツアーを展開します。ご期待ください。

画像に含まれている可能性があるもの:靴、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)、木、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、子供、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、帽子、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、海、空、山、屋外、自然、水
画像に含まれている可能性があるもの:12人、、スマイル、立ってる(複数の人)
以上
2018年10月24日

秋の森を楽しもう。平成最後のきこり講座!!

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

またもや台風がきていますね。

今年はいったいどうしちゃったんでしょうか?

今回もすごく強く、大きな台風ですね。

 

どうか、被害が少ないことを祈ります。

ほんとうに、我々のライフスタイルを見直して、気候変動に対する影響を最小限にしなきゃいけませんね。

 

さて、きこり講座のご案内です。

 

この講座は3回シリーズで、第2回までは実施してきたのですが、7月の3回目は台風で延期になっていたのでした、嗚呼やっぱり台風。

 

ということで11月の3(土)4(日)に二日間連続で実施します。

泊まってもよし、通ってもよし。

 

会場は、をかしやのある鍋地集落の集会場と周辺の森林です。

夜はBBQとかアウトドアクッキングもして、秋の夜長を楽しんじゃいましょう。

 

焚き火を囲んで (gokaiblue の競合コピー 2016-07-07)

 

山から切った木で「きこりのランタン」を灯せば雰囲気サイコーです。

 

dav

 

 

 

 

二日間の詳しい内容はぜんぜん決めていません。

参加したみなさんと相談しながら決めて行きたいと思います。

 

基本的には、チェンソーを使って伐採したり、思いっきりチェンソー使い倒したり、メンテナンスの仕方覚えたり、草刈り機をつかったりメンテナンスの仕方覚えたり、薪割りしたり、そのための斧を使い比べてみたり、そんなことをしたいと思っています。

 

あ、あと今年はチェンソー製材機を導入したので切った木から板を取ることができます。

 

IMGP0948

 

経験の有無は問いません。女子でも全然大丈夫です。

参考までに第一回と第二回の動画を載せておきます。

 

 

まずは伐採。

 

 

 

 

続いて製材。

 

 

楽しそうでしょ?

こんなことなかなかできまへんで。

 

そして、できるだけたくさんの人にきてもらいたいので、今回は参加費の割引をすることにしました。

二日間通って、宿泊費も込みで通常は6,000円なのですが、今回特別に4,800円に値下げします!

 

ぜひ体験しにきてください。

ひょっとしたら人生変わっちゃうかもしれませんよー。

 

以下、ご案内です。

 


 

きこり講座のご案内です。

 

「やまなみインタープリター講座」略して「やまプリ!」

 

林業体験やチェンソーの使い方、薪割りなどの体験を通じて「林業と森に関わるライフスタイル」について学ぶ講座です。

IMGP8599

 

 

この講座の目的は「林業技術」を学ぶことではありません。

森林にまつわるさまざまな体験をして、日常生活の中で「木」や「森」を少し意識できるようになる事が目的です。

 

例えば、薪ストーブがあれば日常が少し豊かになりますよね。

あるいは、自分で切った木の輪切りをコースターや鍋敷きとして使えば、森のことをいつでも思い出せる。

 

そんな感じで「人生に少しの森を」スパイスとして加えよう!というのがこの講座です。

 

うん、スノーピークっぽいね。

 

薪ストーブ

dav

dav

nor

 

そんな、山や森林のことを知る「やまプリ講座」。

 

内容もさることながらおすすめは講師陣です!

とにかく魅力的な講師が2人います。

みんなスーパーサイヤ人です。

 

仕事がめちゃ早い上に、人として魅力的です。

IMGP8550

ぜひ彼らに会いに来てください!!

詳しくは過去ブログをご覧くださいませ!

 

ベビーメタルと山プリ講座。

 

講座の詳細は下記の通り。今年度残すところは最終回のみ。

ぜひ一緒に楽しみましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

やまプリ講座  〜やまなみインタープリター講座〜

 

第三回(一泊二日、もしくは通い二日間)

・・・11月3日(土・祝)9:30~ 4日(日)17:00

定員:20名

会場:愛媛県今治市玉川町鍋地集落および集会場

 

こんな人にオススメ!:

高校生以上の

・森林や林業に興味のある人

・木を伐採して、その木で何かを作りたい人

・チェーンソーの扱い方、選び方を知りたい人

・チェーンソーの目立て(刃の研ぎ方)の仕方、目立てに超便利!な道具の選び方を知りたい人

・薪ストーブや、薪の扱い方、斧の選び方を学びたい人

・多様なひとびととの交流を楽しみたい人   ・・・などなど

 

参加費:6,000円のところ→ 割引で4,800円!!

※なんと宿泊費も込み!!食費は実費をワリカンです。

※ガク割、あります!  高大学生の参加費は3000円

 

講師:村瀬 宏之氏、江崎 賢二氏

ベビーメタルと山プリ講座。

申し込み方法:下記申し込みフォームからお申し込みください。

申込フォーム

 

 

以上、やまプリのご案内でした。

たくさんの方の申し込み、お待ちしてますー!!

IMGP8433

IMGP8662

2018年10月04日

男女のお作法は歌舞伎から学んじゃおう。婚活セミナー@高知

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、またもや台風が来ていますね。

こちら愛媛では今まさに通り過ぎようとしているところ、すごい雨です。

なんとか無事に過ぎ去ってくれると良いのですが、、、。

 

さて、10月に実施するかなりレアでおすすめの婚活セミナーのご案内。

その名も「歌舞伎に学ぶあなたの魅せ方」。

 

歌舞伎で婚活チラシ2018.10.28new表裏

 

高知県香南市での開催なのですが、香南市には「弁天座」という芝居小屋があります。

 

そして地元の皆さんが「土佐絵金歌舞伎」という地歌舞伎を伝承しています。

 

今回の婚活セミナーは、伝承会のみなさんに歌舞伎の所作を習いながら「男らしい」「女らしい」しぐさ、美しい身のこなしを学ぼう!というものです。

 

どうです?面白くありませんか?

 

昔から歌舞伎の世界では「男らしい所作」「女らしい所作」を重視し、技術を洗練させてきました。特に女形(おやま)の、伏し目がちの目線、歩幅を狭くゆったり動く仕草などは、もはや芸術的な領域といえます。

 

男性である女形(おんながた、おやま)が自らを女性らしく見せるために、「女性らしさ」を徹底的に追求して来たのです。

 

女しぐさ

 

一方で歌舞伎は「男を男らしく」魅せます。

歌舞伎役者が勇ましく「見栄を切る」さまは誰が見てもキマってますよね!

 

kabuki-mie1

 

 

こんなふうに、歌舞伎の稽古を通じて「男性をより男らしく」「女性をより女性らしく」魅せる方法を学びます。

 

男女平等、ジェンダーフリーの世の中ですが、異性にアプローチするのであれば「男らしさ」「女らしさ」を学ぶのは役に立つんじゃないかと思います。

 

そして、芝居小谷「弁天座」がまた魅力的なのです!

 

花道があり、枡席や桟敷席などを構えた本格的な造りの芝居小屋です。

この弁天座で、なんとあの市川海老蔵も歌舞伎を演じたそうです。

東京からもお客さんが来て大人気だったそうですよ。

 

 

市川海老蔵ブログ 

 

弁天座

弁天座2

 

実は私自身はぜーんぜん歌舞伎のこと知らなかったのですが、一昨年この弁天座を見て、ぜひ歌舞伎をテーマに婚活イベントをしたいと思い、このセミナーを企画しました。

そして今年7月の「絵金祭り」で弁天座の歌舞伎を初めて見たのですが、やっぱり素晴らしかったです。

 

他にもこの婚活セミナーにはこんな魅力があります。

 

・大人気!異性へのアプローチを学ぶミニセミナー

・昼食は全員で巻く超ロングな「恵方巻き」と高知名物どろめ汁

・午後にはお茶とまんじゅうをたべながら「二人羽織り」で楽しもう!

・参加者全員浴衣で参加!レンタル無料、着付けはスタッフにおまかせ!

・今なら早割で500円off!! 参加費4,000円→3,500円!!

 

 

とまあ、こんな感じの至れり尽くせり感です。

まず普段は体験できないことができます。

香南市の移住促進の一環でやってますので、全てが超おトクな設定になってます。

 

独身だったら俺が参加したいわー、ほんと。

 

ちなみに私はファシリテーター(進行役)として「着物」でみなさんをお迎えします!

 

ところで婚活というと、どうも参加しにくいし、恥ずかしいし、いやだなーというイメージもあるかと思います。

 

しかし今回は「婚活」と名がつくものの、基本的には「セミナー」なので、婚活イベントにつきものの「お見合い回転寿司」や「カップリングタイム」はありません。

25才から40才までの独身男女なら誰でも参加OK!です。

 

どうぞ気軽に参加していただきたいと思っています

高知はほんとにいいところですよ。

移住希望で高知が気になっている方にもおすすめです。

 

市川海老蔵も歩いた花道を、あなたも歩いて見ませんか?

 

ぜひ弁天座でお会いしましょう!!

詳細は下記香南市のサイトへどうぞ!

 


 

香南市婚活セミナー

「歌舞伎に学ぶあなたの魅せ方」

 

日時:平成30年10月28日(日曜日) 10:00~16:00 *受付時間 8:30~

場所:弁天座    〒781-5310 香南市赤岡町795番地

対象:25才〜40才までの独身男女

参加費:3500円

内容:
・アイスブレイク
・歌舞伎の「お芝居」をチョコット体験(演目:白波五人男)
・歌舞伎のワンシーンの練習(演目:千本桜)
~参加者全員で恵方巻を巻き、どろめ汁と一緒に堪能~
・いざ、実践!! 歌舞伎のワンシーン(演目:千本桜)
・カフェ&トーク

詳細・申し込み:

https://www.koishiyo.pref.kochi.lg.jp/event/event_preview.php?id=755

 

 

2018年09月30日

祝!萩ジオパーク認定!!

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間です。

 

昨日もお伝えしたとおり、私は今年度「萩ジオガイド養成講座」の講師をさせてもらっています。

維新の志士である高杉晋作や木戸孝允の生誕地がある城下町が有名な、山口県の萩市ですね。

 

 

萩城下町(萩市提供) 

萩城下町(萩市提供)

 

で、かねてより萩では「萩ジオパーク構想」に基づいてジオパーク認定を目指しておりました。

 

「なんで城下町なのにジオパーク?」

 

と思う方もいるかもしれません。実はこれがすごく面白くて、萩の周辺は火山活動や溶岩で作られた場所が多いのです。

 

何を隠そう、萩城下町の屋敷の基礎石は、10キロほど離れた場所にある「笠山」という火山の溶岩なのです。

 

つまり、火山活動や溶岩がなければ、高杉晋作くんちもできなかったってことですよ!!

 

高杉晋作生誕地と溶岩

高杉晋作生家と基礎石の溶岩

 

・・・いや、そんなことはないんでしょうけど、萩のまちなみや文化、食を語る上で、地質的な要素は無視できないのです。萩市では「維新とマグマの胎動の地」というキャッチフレーズをつけてとても上手に表現しています。

 

維新だけではなく、例えば萩は魚が美味しいのですが、それは海の底に小さな火山がたくさんあって”瀬”をつくっており、それが潮流を乱すことで好漁場となっているんだって!

 

萩焼の材料の土も火山由来なんだってさ!

 

萩ジオパーク推進協議会のサイトではそのへんをとてもわかりやすくまとめてくれてますね。

 

 

私も行ってみてびっくりしましたが、萩の周辺には特殊な地形の場所が多く、すごい絶景もありとても刺激的です。

 

須佐湾のホルンフェルス

須佐湾のホルンフェルス

 

 

と、このような特徴と活動が認められて、つい先日の9月20、萩ジオパークの
日本ジオパークネットワーク加盟(日本ジオパーク認定)が認められました。

 

やったー!おめでとうございます。

これでもっともっと面白くなりますね!

 

わたしも責任持ってガイド研修しなきゃいけませんね。

ガイドさんはそのまちの「顔」ですから。

 

 

以上萩ジオパーク認定!のお話でした。

2018年09月28日

うれしい報告。萩ジオガイド養成講座。

こんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

 

さて、先日とても嬉しいことがありましたのでご報告。

今年度、私は山口県の萩市にて「萩ジオガイド養成講座」に関わっています。

 

萩は1609年に毛利輝元が築城・開府し、約260年間城下町として栄えた町で、今でも往時の雰囲気が残されています。

なまこ壁や、萩藩が奨励したという夏みかんのある屋敷など、美しい景色がたくさんあります。

 

また、明治維新の志士である高杉晋作や木戸孝允の生誕地がある観光地としても有名ですね。

 

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ4 「体験」を通じて伝える方法 「アクティビティ」を使ってみよう~

白い「なまこ壁」が特徴的な菊や横丁(写真提供:萩市)

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ4 「体験」を通じて伝える方法 「アクティビティ」を使ってみよう~

夏みかんの甘酸っぱい香りが広がる旧家の敷地(写真提供:萩市)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、すでに観光地として有名な萩ですが、幕末・歴史の魅力だけでなく、地球の成り立ちや、魚や野菜などの味覚や、萩焼や、その他ぜーんぶを萩の魅力として捉えて、伝えていこう!というのが「萩ジオパーク構想」です。

 

そして萩市が、萩ジオパーク構想に基づき、まずは本気でガイドを養成しよう!それも知識伝達型のガイドではなく、おじいちゃんや子どもや外国人など、どんなお客さんが来ても楽しんでいただける「体験型」のガイドを養成しよう!

 

というのが「萩ジオガイド養成講座」です。私はこれの主任講師をさせてもらっています。

 

ジオパーク構想と、初回講座の様子はこちらをどうぞ。

高知の室戸ジオパーク時代から一緒に仕事させてもらっている専門員の白井さんがわかりやすく紹介してます。

 

 

で、うれしかったこととは、この講座に参加してださった方が、先日山口新聞に感想を投稿してくれたこと。

とても楽しんでくださったようです。

 

こういうのが実施した側としては一番ウレシいですね。

 

しかもブラタモリと並べて書いてくれてるし!!

 

ぜひぜひご覧くださいませー。

 

 

ジオガイド

 

2018年09月27日

ガイド連載記事「まち独自の魅力の見つけ方」

こんにちは。一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間です。

 

さて、いつの間にやらすっかり秋になりましたね。

秋といえば秋祭り!

 

私たちの集落では、10月に盛大な秋祭りが催されるので、すでに準備が始まっております。

今治独特の「継ぎ獅子」を披露するため、週に3回、練習に勤しんでおります。

 

DSCN6839

 

さて、以前からお伝えしていますが、私は観光系WEBサイトで毎月ガイド手法の連載をさせてもらっています。

 

連載タイトルは

「小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ 」

です。

 

毎月ガイドに必要な技術や心構えについてお伝えさせてもらっています。

そしてまた新しい記事が掲載されましたのでお知らせ。

 

今回の内容は

「~ステップ3 ガイドのためのフィールド調査 事前に確認しておきたい4つのポイントとは?~」

 

ガイドする際に必要なフィールド調査の視点をお伝えしています。

今回は「まち」がテーマなのですが、まちだけではなく自然でも歴史でも文化のガイドでも基本は同じ。

 

ぜひご覧くださいませ。

https://kankou-redesign.jp/pov/7537/

 

 

そして本ブログでは、連載第二回に当たる前回の記事を掲載したいと思います。

以下、よろしければどうぞご覧くださいませ。

 


連載 小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ2 まち独自の魅力の見つけ方~

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ2 まち独自の魅力の見つけ方~
じっくり歩いて、まちの魅力を探そう(愛媛県今治のまち)

 

観光まちづくりの現場の方が実践するための「ノウハウ」と「あり方、心構え」に関する連載記事です。知識ばかりでずっとしゃべっているガイドではなく、参加者がのびのびと楽しみながら、そのまちを好きになっていくためのガイド手法をお伝えしていきます。ガイドがどうやって参加者にまちを楽しんでもらうか。そのためにやるべきことはどのようなことかについて、12ステップで解説します。

 

 

みなさんこんにちは。愛媛県今治市を拠点に、ガイド活動やガイド養成研修を生業にしている菊間です。ガイド手法やガイドの心構えに関する本記事、2回目となる今回のテーマは「まち独自の魅力の見つけ方」です。どんなまちにもそのまち「ならでは」の魅力があります。その見つけ方を一緒に考えていきましょう。

十分な下見と調査

 

まちの魅力を見つけるために必要なことは、なんと言っても「下見」です。予備調査ですね。まずはまちを歩いてみましょう。そしてまちを見て、雰囲気を感じてみましょう。どのまちにもそのまち「ならでは」のことがあるはず。それを感じることが大切です。そのまちにしかないものは何か、よそと違ったところは何かを探っていきます。

 

この時一番わかりやすいのは「景観」、見た目です。まずはじっくり見て、特徴的な景観を探してみましょう。たとえば以下のような視点で見ると良いでしょう。

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ2 まち独自の魅力の見つけ方~

このような視点を持って、まちをぶらぶらと歩いて見ましょう。まずは車でざっと流しても良いかもしれません。きっといろんなことが見えてくるはずです。私も以前、こんなことがありました。

 

愛媛県の宇和島市を訪れたときのことです。まずは車で市内に入ったのですが、走っているうちに不思議なことに気づきました。なぜか道がまっすぐではなく、曲がっていたり折れ曲がっていたりして、なかなか目的地にたどり着けないのです。

 

不思議に思って、まちの歴史をひもといてみて謎がとけました。宇和島は、現存12天守の一つ「宇和島城」を中心に築かれたまちです。(現存12天守とは江戸時代以前つくられたお城(天守)のこと)。そして宇和島城とその縄張り(敷地)は、築城の名手、藤堂高虎により築かれました。

 

特徴は、通常四角形の城の縄張りが、なんと五角形に設計されていること。これにより、攻め入る敵を混乱させ、迷わせる効果があります。四角形だと思い込んで迷ってしまうのです。城の縄張りが五角形なのは珍しく、有名なのは星型要塞として知られる函館の五稜郭くらいでしょう。

 

宇和島のまちは、その五角形の縄張りを元につくられています。だからどうしても迷ってしまうのです。今から400年以上前につくられた城の設計が、今のまちなみに反映されているってすごいことだと思いませんか?

 

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ2 まち独自の魅力の見つけ方~
国内に現存している12の天守のうちの一つである「宇和島城天守」 写真提供:宇和島市

 

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ2 まち独自の魅力の見つけ方~
新鮮な太刀魚を3枚におろし、竹に巻いて秘伝のタレをつけて焼いた宇和島名物「太刀魚の巻き焼き」。甘辛い香りが食欲をそそる 写真提供:宇和島市

五感を使って感じよう

 

そのまち「ならでは」の特徴は、景観だけに限りません。音を聞いたり、においを嗅いだり、あるいは名物料理を味わってみたり。「五感」をつかってまちをまるごと感じてみましょう。せせらぎや風鈴の音を聞けば、それだけで「涼」を感じるものです。五感の中でも特に、においや味覚は記憶に鮮明に残るので、うまくガイドに生かすことができればまちの良き思い出として残すことができます。

 

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ ~ステップ2 まち独自の魅力の見つけ方~
四季折々の良さを探そう

その場所、その時「ならでは」を探そう

 

また、その場所ならではの特徴を探すのと同時に「その時」ならではを探すのも重要です。日本には美しい四季があります。その土地の自然とまちなみは、四季折々の姿で訪れる人を楽しませてくれます。

 

ガイドをする季節はいつでしょうか? 花の咲き誇る春? 日差しが眩しい夏? あるいは紅葉の美しい秋? それとも雪景色の冬でしょうか? 季節に応じて、その場所「ならでは」の良さがあるはずです。その季節を映し出す、そのまちの一番良いところを探してみましょう。他の場所とは違った良さを発見できることでしょう。

 

小さなまちのどこにでもある資源を魅力あるストーリーに変え、伝えるための12のコツ

工夫と配慮で、雨の日も楽しく

 

そして、こうした大きな季節変化とは別に、日々の小さな変化や移ろいも気にしてみましょう。たとえば、雨の日なのか晴れの日なのか、風があるのかないのかによってもそのまちの魅力やその伝え方は変わってきます。多くの場合、雨のガイドツアーはガイドもお客さんもテンションが下がりがちですが、雨にふさわしいルートを選び、雨を生かしたツアー内容にすることで、晴れの日以上に楽しいツアーにすることも可能です。

 

日差しの向きや影も重要です。これはまた改めて詳しく伝えますが、優秀なガイドは日差しや影を常に意識しています。基本的な考え方としては、夏や暖かい季節はお客さんに影に入ってもらい、冬の寒い季節はお客さんが日向にいられるような気遣いをします。そしてお客さんが眩しくないように、自分が太陽に向かって、あるいは日差しを横から受ける向きに立ち位置をとります。太陽を背にするのは厳禁です、お客さんが眩しくなってしまいますから。

 

ということは、午前のツアーと午後のツアーではガイドの立ち位置は違うことになります。

 

このように、優秀なガイドは常に「その場所」「その時」ならではの魅力が伝わる場所やルートや向きをえらび、お客さんに配慮してガイドをしているのです。

それでもそのまちの魅力が見つからない時は……

 

このように具体的なポイントをあげても、どうしてもそのまち「ならでは」の魅力が見つからない、という場合もあるかもしれません。特に生まれ育ったり、自分の住んでいるまちの魅力は見つけられないかもしれません。これは意外とよくあることです。なぜならば、自分の身近な場所の魅力には、人はなかなか気づきにくいものだから。

 

私はいろんな場所に行ってガイドや研修をしています。すると、すぐにそのまち「ならでは」の魅力に気づくことができます。それは私が「よそ者」だからです。フレッシュな気持ちと視点を持ってまちを眺めるので、すぐにそのまち「ならでは」の魅力に気づくことができます。

 

しかし、地元の人に話を聞くとそのまちの良さが全然出てこないことがあります。それどころか「こんなまちのどこが良いのか?」と聞かれることすらあります。しかしこれは、そのまちに魅力がないのではなく、全てが「当たり前」になってしまっているだけです。そうでない人に意見を聞けば、きっとそのまちの魅力が見えてきます。

 

町おこしで必要な存在として「若者、ばか者、よそ者」が大事であるとよく言われます。フレッシュな視点を持ち、既成概念にとらわれない大胆な発想ができ、客観的に物事を見ることができる存在が必要、という意味です。もし自分のまちの魅力がわからなくなったら、そんな人たちに聞いてみると良いでしょう。外から来た観光客や移住者、若者、子どもなどに意見を聞いてみるのです。きっと自分たちが「当たり前」と思っていたモノ、コトの中にこそ、その場所ならではの宝が潜んでいることに気づくはずです。

 

また、いくつかの他のまちを見て、自分のまちと比べてみるのもよいかもしれません。外国に行ったり外国人と交流することでかえって日本のことが見えてくるように、よそのまちを見ることで自分のまちの魅力が見えてくることでしょう。

2018年09月19日

おかげさまで10周年を迎えることができました!!

みなさんこんにちは。

一般社団法人をかしや代表理事「マロ」こと菊間 彰です。

いつの間にか夏が去り、めっきり秋めいて来ましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

今年は本当に異常気象と災害が多いですね。
愛媛でも大変な被害があった7月豪雨にはじまり、つい先日の台風21号の襲来。

 

関西空港が海水に浸かるなんて、誰が予想できたでしょう?

関西方面の皆さんは大丈夫だったでしょうか?

 

そして今日は北海道で震度7の地震、、、。

 

なんだか、自然の猛威の前に、ただ立ち尽くすしかないような気持ちになります。
やはり、人間は自然にはかなわない。

 

謙虚になって、人間の活動が地球温暖化や異常気象に影響を与えてることを、そろそろ本気で考えた方が良いのではないでしょうか。

 

ともかく、どうか皆さんが無事でありますように。

 

 

 

さて、昨日9月5日をもちまして、私たちをかしやは設立10周年を迎えることができました。この場を借りてご報告いたします。

 

いやー、長かった。本当に長かった。

10年はやはり長いです。

 

私は10年前の2月、右も左もわからない愛媛にIターン移住者としてやって来ました。そして半年間の準備期間を経て、現在の一般社団法人のもととなる「よろず体験事務所をかしや」を立ち上げました。

 

個人事業として8年間経営し、2年前に現在の「一般社団法人をかしや」として法人化しました。

 

こう書くと簡単ですが、じっさいにはそれほど簡単ではありませんでした。なんせ、愛媛ではほとんど誰もやっていない業態なので、何度も何度も経営の危機がありました。

 

それでもその度になんとか歯を食いしばり、そして影になり日向になり支えてくださるみなさまの助けもあり、ここまで生き延びることができました。

 

まさに「生き延びる」「サバイブする」という表現がぴったりだと感じます。

 

それだけに、10周年は私にとって感慨深いものがあります。

 

「おれを変えたのは周年だ!」

 

わたしのふるさとを走る京浜急行の周年キャンペーン、、、。

わたしのふるさと「横須賀」を走る京浜急行の周年キャンペーン、、、。

 

 

全然関係ありませんが、この京浜急行の固定観念にとらわれない柔軟性はすごいと思います。これはまず地方では出ない発想ですね、、、。

 

 

10年のうちに、業務内容もかなり変遷して来ました。

 

 

一番最初に手がけた事業は「森のてらこや」。

月に一回というイベントスタイルで、毎月毎月実施してきた「森のようちえん」です。

 

 

その頃に参加してくれた子達は、今や中学生や高校生になっています。

すごく優しく、気遣いのできる人に育っているのがとても嬉しいですね。

詳しい内容はをかしや旧ブログをどうぞ!

http://gigax.jp/blog/wokasiya/categn2-165/

 

この子達が今や中高生。

 

そして真ん中の子は、今は五年生になったをかしや家の長男です。

時の経つのは早い!

 

 

その後をかしやの看板事業である「しまなみインタープリター講座」を立ち上げました。

 

この事業は現在まで続いておりOBOGは全国に160人以上、昨年は出張編として遠く山形や愛知でも実施しました。

 

しまプリ風景

島プリ体験2

 

開業当初は自然体験やエコツアーなど「自然体験系」の仕事が多かったのですが、婚活イベントや地域活性化プログムなどが増え、そして研修が増えていきました。今では自然体験よりも、研修が主なコンテンツになっています。

 

特にここ数年は自然だけではない、ジオパークや歴史、まちなみなどのガイド養成研修に加え、企業研修や企画研修、ファシリテーションの仕事が増えて来ました。

 

少しづつ、仕事の範囲が広がっていき、それに伴いさまざまな場所に呼んでいただけるようになりました。

 

現在では四国全域はもちろん、中国地方や九州からもお声がけいただいています。

 

本当にありがたいことです。

 

萩城下町でのガイド研修風景

幕末ロマンあふれる萩城下町でのガイド研修風景

 

 

私たちはこれからも、状況やニーズに合わせて業務内容を変化させる柔軟性を持ち、多くの場所で多くの方のお役に立ちたいと思っています。

 

そして同時に大事なことは、私たちをかしやの専門家としてのベースは「自然体験型環境教育」であるということです。

 

自然体験の仕事は少なくなり、屋内で行う研修やファシリテーションも増えて来ましたが、私たちのベースはあくまで「自然」や「環境」や「アウトドア」に根ざしたものです。

 

 

ホームページにも掲げていますが、私たちをかしやの経営理念

 

「私たちは、自然体験と対話を通じて、人と人、人と自然をつなぐコミュニケーションコンサルタントです。自然への畏敬の念を持ち、自分の頭で考え、判断、行動できる人を育むことを使命とします。」

 

というもの。

 

異常気象が日常になり、災害が頻発するいまだからこそ、「自然から学ぶ」というスタンスや「畏敬の念」を忘れてはいけないと思っています。

 

 

私たちは、次の10年をめざしてこれからも活動を続けていきます。

今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

伊万里インタープリター研修

 

2018年09月06日
1 2 3 17